家族 内緒 債務整理

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず債務整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
相談無料!減額報酬なしの低価格! 関東で一押し!梶光夫司法書士事務所
土日も柔軟対応!取り立て即日ストップ! 費用も低価格! 近藤邦夫司法書士事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

債務整理は家族に内緒でできる?

債務整理は大きく『自己破産』と『任意整理』とに分かれます。(※その他に個人再生や特定調停があります。)

自己破産は手続き上、家族に知られる可能性が高くなりますが、
任意整理ならば、基本的には家族・知人・会社に知られることはありません

もし家族・知人・会社などから借金をしていたとしても、任意整理をする相手を選択することができますので、
知られたくない相手を任意整理の対象からはずせば、まず知られることはありません。

ただし、関係書類などを見られてしまえば当然知られてしまいますので、書類の管理には十分注意しましょう。

郵便局の留置きにしたり、
連絡は携帯電話でとってもらえるよう携帯の電話番号を必ず教えておくなど対応すれば大丈夫でしょう。

消費者金融の返済が苦しい・・・そんな時は借金の計算をし直してもらおう

あなたが、もう何年も返済しているのに、なかなか借金が終わらない・・・
ちょっと待ってください!あなたの借金は本当にまだ残っているのでしょうか?

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず債務整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
相談無料!減額報酬なしの低価格! 関東で一押し!梶光夫司法書士事務所
土日も柔軟対応!取り立て即日ストップ! 費用も低価格! 近藤邦夫司法書士事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

専門家(司法書士・弁護士)への報酬ってどのくらいかかるの?

実際に任意整理を依頼しようと思っている時点で資金的に余裕がないという方が多いと思います。
当然、できるだけ費用は安い方がいいですよね。

実際のところ、一般的に費用の面では、弁護士と司法書士を比べてみると、全体的に司法書士の方が安いといった感じです。  ※任意整理の金額が1社当たり140万円以下ならば司法書士に依頼しても問題ありません。

それでは、気になる任意整理にかかる費用なのですが、任意整理の費用には、相談料・着手金・基本報酬・減額報酬・過払い報酬といったものがあります。

相談料・着手金については無料の事務所と有料の事務所があります。
基本報酬は、借入先と交渉してもらうための費用で、通常1社につき3〜5万円のところが多いです。
減額報酬・過払い報酬は、減額できた金額・取り戻せた過払い金の金額の20%前後を報酬としているところが多いようです。

ただし、詳細な費用については、依頼される事務所によって異なりますので、依頼を考えている司法書士事務所に必ず問い合わせて、納得してから依頼しましょう。

費用の支払いに関しても、あなたの経済状況に合わせて、分割払いを提案してくれるところもありますので、最初に相談する際に遠慮なくそのあたりも相談するとよいでしょう。

もしあなたが借金を減らしたい!現在の状況を変えたい!
そう思っているのなら、まずは司法書士に相談してみてください。

下記司法書士事務所は、豊富な実績があり、対応も万全で、女性の方も安心して相談することができます。
また、お薦めしている司法書士事務所は、費用を安く設定してくれていますのでご安心ください。
あなたの状況に合わせて選択されるといいでしょう。

特に、相談をする場合、家の近くや会社の近くは誰かに見られてしまうかも…と心配があるのなら
「秘密厳守、全国対応」ですので、安心してお願いすることができます。
まずは24時間受付をしてくれるメールで相談をしてみるといいでしょう。

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず債務整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
相談無料!減額報酬なしの低価格! 関東で一押し!梶光夫司法書士事務所
土日も柔軟対応!取り立て即日ストップ! 費用も低価格! 近藤邦夫司法書士事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

※司法書士は「街の法律家」とも言えるように、一般的に費用も安く相談しやすいです。

任意整理 Q&A

●任意整理とはどういうことですか?
任意整理とは、裁判所を通さずに貸金業者等の債権者と交渉をして、借入の元金や利息等を減額し、
借金を整理する手続き
のことです。
貸金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、
貸金業者は相当に厳しい交渉相手となりますから、できれば弁護士・司法書士に依頼するのがベストです。

●返済が滞っています。このような場合でも任意整理はできますか?
返済が滞っていても任意整理はできます。任意整理を依頼すると、貸金業者が督促をすることは貸金業法により
禁止されていますので、滞納しているものも含めてお支払いを止めてもらえます。
逆に、そのまま滞納し放置して置くと、給料の差押えをされる可能性もありますので、
早めに弁護士・司法書士に相談した方がいいでしょう。

●取り立ては止まりますか?
取り立ては止まります。任意整理を依頼すると、それ以降貸金業者等が直接依頼者に取立てを行う行為は、
法律で禁じられています。最短で依頼した当日から取立ては止まります。

●借入れを家族に内緒でしているのですが任意整理も家族に内緒でできますか?
任意整理は裁判所を通さないで行える手続きです。
貸金業者、司法書士、弁護士、裁判所などから通知などが自宅に届くことはありません。

●裁判所に行かなくてはいけないのですか?
任意整理は、司法書士が直接貸金業者等と和解交渉しますので裁判所に行く必要はありません。

●遠方に住んでいますが事務所に行かないと任意整理できませんか?
任意整理を依頼した場合、弁護士や司法書士の方と最低1度はお会いすることになるかもしれません。※
しかし、あくまでも最低1度は会わなければいけないということであって、必ず事務所まで出向かなければいけないというわけではありません。また、会う時期も依頼した後で日時を調整して会うことも可能です。
事務所によっては家の近くまで出向いてくれるところもありますので、依頼される際に相談されるといいでしょう。
ただし、任意整理を依頼する前の相談はメールや電話でできます
※2011年4月から弁護士会では任意整理を受託した場合、最低1度は面談を行うことが義務付けられることがほぼ確定的になっています。そうなった場合、司法書士会でも同じ方向性になると思われます。

●先に手続き費用を支払わないと受けてもらえないのでしょうか?
いいえ、着手金(初期費用)を支払わないでも依頼することもできます
また、その後の費用に関しても分割などの相談にものってもらえますので、安心して依頼することができます。

●すべての借入れを任意整理しないといけないのでしょうか?
いいえ、任意整理の場合、借入れしている相手を選ぶことができます
例えば、住宅ローンや自動車ローン等は任意整理の対象からはずし、高利のキャッシングのみを対象とすることができます。

●保証人を立てているのですが、保証人への影響はありますか?
保証人が付いている場合、保証人に請求が行きますので、あらかじめ説明しておく必要があります。
場合よれば連帯保証人の方と同時に債務整理する必要があるかもしれません。
ただし、保証人付きの借入金だけ対象にはずすことも可能です。

●任意整理をするとブラックリストにのりますか?
信用情報機関に任意整理や和解した情報が記載され5年〜7年の間は新たなキャッシングを受けにくくなります。
ただし、任意整理として相談しても、結果として過払い請求をするケースになれば通知はされません。

●2010年6月完全施行される貸金業法の改正でどうなりますか?
総量規制で月収の1/3(又は年収の1/36)を超える借入れができなくなりますので既にオーバーされている方は新たな借入れができなくなります
また、50万以上の借入れをする場合収入証明の提示が義務付けられます。

秘密厳守!!最短即日対応!! 家族に知られず債務整理したいなら
≪ 無料メール相談24時間受付中!≫
◆ おすすめ事務所紹介 ◆
相談無料!着手金なし!減額報酬なしの低価格! 司法書士サナ総合法務事務所
相談無料!初期費用完全ゼロ円! 頼れる司法書士! 新大阪法務司法書士事務所
相談無料!減額報酬なしの低価格! 関東で一押し!梶光夫司法書士事務所
土日も柔軟対応!取り立て即日ストップ! 費用も低価格! 近藤邦夫司法書士事務所
※当サイトでは、本当に信頼できるところだけしかご紹介しておりません。心配なく安心してお願いできます。

「家族に内緒で債務整理できる?」リンク集

需要と共有とは?